「響〜小説家になる方法〜」を読んだ

「人からおすすめしてもらったことは、すぐに体験して感想を伝えろ」。

 

これは、人とうまく関係を築けない僕に社長が送った言葉である。たとえばおいしい店を教えてもらったらすぐに行って感想を伝える。すると「こいつは人の話を聞く耳も、動かす足も、高い感度も持ち合わせているな」と印象を与えることができて、結果的に「かわいい後輩」になれるのだとか。

 

こういう、いわゆる「あざとい」やり方は反吐が出る。おええ。「うまく生きる」なんて小賢しいだけで、そんなもんで信頼関係を築き上げる人が「勝ち組」になれるのだとしたら、負け組で結構である。なんぼでも成り上がるがいいさ。俺は社会の下層でたまに愚痴をこぼしながら役割を全うすることにする。その代わり宝くじ当たってくれ。できれば7億。

 

話が逸れてしまった。

 

しかしおすすめを素直に聞く、というのは非常に良いことだと思う。自分自身、勧めたものを試してくれたらすごく嬉しいし、それで楽しんでくれたのならもっと嬉しい。それに、自分よりも体験がゆたかな人に教えてもらえたことは取り入れてみたい、と思っていることも事実。積極的にこなしていこう。仕方ない、こうなったらうまく生きてみようじゃないか。めざせ愛されギャル。ゆるふわ系。マシュマロボディ。

 

前段が長くなったが、おすすめされた漫画はちゃんと読んで、読書感想文を書いて伝えよう、という話なのだ。それが礼儀でもあるし、僕も深くまで漫画を楽しめる結果にもつながると思う。

 

 

まずは最初におすすめされてすぐに読んだ、この作品から書いてみる。

 

 

「響 ~小説家になる方法~」

 

 

こちらはマンガ大賞2017において見事大賞を獲得した話題作で、僕も常々読みたいとは思っていたこともあって、手をつけやすかった。

 

 

まずは「絵が下手」ということについてふれていこう。漫画というものには作家それぞれの画風があって、それに読者たちの好みがあって判断されるものだから、画力というものはなかなか評価しづらいところがある(たとえば「エア・ギア」は上手なのか?「ドラえもん」は下手なのか?と聞かれたら、正直困る)。だが、この「響」は、味があるとか個性では片付かない。普通に「ちょっと下手」。

 

 

もちろん、「漫画家の中では」、さらに言うと「マンガ大賞を獲っているのに」という枕詞があってはじめて成り立つ「下手さ」だ。いたずらに画力を批判したいわけではないことを、ご了承いただきたい。

 

 

さて、漫画の入り口でもある「絵」で多少なりとも遅れをとっている「響」であるが、その内容はどうか。実はこれ、まだ判断がつかないところが多い。まず続刊中であるから評価は下せない、という前提もあるが、期待値が高すぎるのが問題だ。

 

 

仮に批判を覚えた猿がこの作品にふれたとしたら、「俺ツエー作品」のひとつと罵るだろう。主人公は紛れもない「天才」そして「異端児」。よくある設定の中でもありすぎて避けたくなるような設定だ。

 

 

それでもこの作品が面白いと断言できるのは、その新しい切り口があってこそだ。テーマは「純文学」。しかし「文学をオマージュしたオシャレ気取り漫画」ではない。この作品は、とある少年少女たちの成長を、小説家という職業を切り口に語っていくという、他に見ない手法をとっている。これは、本当にどう転ぶか見物である。主要な登場人物の設定は多種多様で、そのうちの誰かに自分を重ねることもできるだろうし、別段そんな読み方が強制されている訳でもない。どんなスタンスでこの作品とふれたらいいのか、それすら僕はわかっていない。

 

 

そして僕がもうひとつ面白そうだと思っているのは、この物語には「悩みある大人」がたくさん出てくるところ。ボーイミーツガールのかたちをとった作品に多いが、成長を描く漫画の多くに出てくる大人は、アドバイザー的立ち位置にいる。しかしこの作品は小説家という特殊な職業を扱っているからこそ(偏見かもしれないが)、現代社会や自分自身に対してコンプレックスや不満のある大人がたくさん出てくる。それが本当に面白い。だから僕はわくわくする。これから先どんな大人が現れるのだろうか。ここの期待値だけでも十分読んで価値のある漫画だった。

 

 

とは言うものの、現在まだまだ発展途上の漫画だと思うし、これから先どんな風に良くなっていくのか、楽しみである一方、作者の妄想だけで完結するような説得力のない漫画になってしまうような気がしないでもない。でも大切なのは「今、面白いと思ってこの漫画を読んでいる」ことだと思うので、大人しく続刊を期待することにする。

 

 

 

以上。初回から気合いを入れて感想文を書いてしまった。今後はもっとサクッと書いてその分読書に時間を回そうと思う。終わり。